パズル・パレス (上)


2009年12月29日 読了
 暗号解読課(クリプト)は世界中の通信を傍受し、対テロ対策として大きな成果を上げていた。
 そのスーパーコンピュータ「トランスレータ」が狙われる。

 絶対に解読不能な暗号ソフトによって。。。

 アメリカの映画設定にありがちなパニック性、相変わらず不可解な日本描写。

 言わずと知れた「ダ・ヴィンチ・コード」の作者。
これがデビュー作らしい。
 厄介な問題が次々と広がり、駆けずりまわされ、疲れ果てる。

 上巻は、問題をやみくもに広げた感がある。ここからどうやって終息していくのかが楽しみ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です