ミレニアム2 火と戯れる女(上)


 リスベットの後見人のビュルマンは、復讐を誓い策をめぐらせていた。
そしてその頃、『ミレニアム』では、人身売買と強制売春の調査をしているカップルと特集号と書籍の刊行を計画していた。
上手く出版に持ち込めそうだという時、突然カップルとビュルマンが銃で撃たれて殺されてしまう。
その銃にリスベットの指紋がついていたことから、リスベットは殺人犯として指名手配され、様々なところから行方を追われることになる。

 リスベットが姿を消していた間の出来事が平和で穏やかだったせいか、その後の展開が急なうえ恐怖も大きい。
正体不明の「ザラ」という人物、カップルとリスベットの関係。
ビュルマンがもっと腹黒いかと思っていたらあっさり殺されてしまうこと、ミカエルにハリエットとも関係を持てるほどの魅力が感じられない事、リスベットのミカエルに向かう怒りが強すぎる理由、今はまだわからないことばかりで、頭がいっぱいになってしまう。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

“ミレニアム2 火と戯れる女(上)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です