ワーキング・ホリデー


2010年03月26日 読了
 ホストの大和は、顔はいいのにヘルプにくらいしかつけないほど口が悪くて喧嘩っ早い。
 そんな大和の仕事場に、小学生が尋ねてきた。ホストクラブに・・・

 忘れられない過去の汚点。たったひとつの思い出。
小学生の進が夏休みの間「家出」してきたためにホストをクビになって、宅配便の仕事を始めた大和と進の話。

 元ヤンキーで、家出の末拾われたところがホストで、愚痴も悪口もたっぷりで。なのに明るい。
 子供をちゃんとしかれる人はすごい。ただ怒るんじゃなくて、納得させて本気で「ごめんなさい」と言わせる。
 そして女ごころにも気づいたら、そりゃぁもう。

 どうにでもして

 ライトノベルのようにするっと読めるけどちゃんと濃い。
この人の本は出すたびに進化している。どんどんおもしろくなる。
表紙とタイトルがあまりにも陳腐で油断した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワーキング・ホリデー [ 坂木 司 ]
価格:1623円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です