三人小町の恋―偽(いかさま)陰陽師 拝み屋雨堂


2012年01月31日 読了
 「大陰陽師・安倍清明の傍流の末裔」と言いはり、イカサマの祓い屋を営む吉次と、もらわれっ子のおこと。
 二人のところはそこそこ繁盛していた。

 そこへやってきた三人の娘さん。
仲たがいをした風なそぶりはしているが、どうやらそれは芝居のよう。
そして、「丑の刻参り」で呪われているのは誰か当ててほしい、という。

 登場人物も話も面白いけど、なんだか流れが悪い。
だけど、表紙絵の人の絵でアニメにしたらおもしろそう。
続編が出るといいな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三人小町の恋 偽陰陽師拝み屋雨堂 [ 田牧大和 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です