KUNIMORI


2012年02月02日 読了
 亡くなった叔母の遺産を受け継ぎ、いつくかの物件と貸スタジオを経営し始めた武原耕太。
 ビル内の会社が夜逃げしたという話と共に、その会社の人から助けを求められる。
 知らなかった叔母の姿をいくつも見つけ、様々な人と出会ううち、耕太はその人たちの仕事を知る。。。

 国に縛られ、国を背負う人たち。その国はとても重いが、決して捨てることはできない。
 使命は大きくて苦しいけど、それが生きるためのより所となっている人達の生き様は、揺るがないんだろうけどなんだか痛々しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kunimori [ 五條瑛 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です