三人目の幽霊


2010年03月24日 読了
 やっと入った憧れの出版会社で、配属されたのは「季刊落語」。
そのうえチームは上司と二人きり。

 しかしその上司の洞察力は尊敬に値する。少しの情報とフットワークの軽さでほとんどの事は見抜いてしまう。 

 落語の話はよくわからないと思っていたけれど、新人教育のついでにちゃんと軽い解説もしてくれて、少しも「置き去り」にされている気がしない。
 
 表紙の雰囲気そのままの世界。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三人目の幽霊 (創元クライム・クラブ) [ 大倉崇裕 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です