元禄百妖箱


2011年09月23日 読了
 赤穂浪士と吉良上野介、そして将軍綱吉。
さらには九尾の妖狐である玉藻の前。
 歴史上の悪法である「生類憐れみの令」をこんな風に使って話が進むとは思いもよらなかった。

 でも、私には読みにくかった。
落語シリーズとは少し趣が違う。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

元禄百妖箱 [ 田中啓文 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です