切れない糸


2010年11月23日 読了
アライクリーニング店の息子・和也。彼の元にはなぜか、困った動物が集まる。犬や猫、ハトやスズメはもう当たり前、時にはイグアナやフェレットまで。。。

急に父が亡くなり、店を手伝うようになった彼の手に集まってくる衣類たちも、まるで意思があるように困った人たちの物ばかり。

『町の生物委員』というあだ名までついた和也だったけれど、さすがに人間の問題は大きすぎた。それを助けるのが親友の沢田。

ひきこもり探偵のシリーズと似た、ほっこりと泣ける話。いいセリフもシーンもたくさんあるから、ゆっくり読みたいのに止まらない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

切れない糸 (創元クライム・クラブ) [ 坂木司 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です