大義 横浜みなとみらい署暴対係


 暴力団を取り締まる暴対係に、「ハマの用心棒」と言われる諸橋と、相棒の城島がいる。
捕まえて刑務所に入っていた人物が出所して、復讐をしにやってきたり、抗争が始まりそうなことを察知して防ぎに動いたり、暴力団員たちが起こす様々ないざこざを取り締まる毎日を描く。

 一つ一つが短いうえに会話で進む出来事も多いため、ちょっとした時間で気軽に読める。
でもそれなりに人間関係も人柄もよくわかり、安積藩、樋口班とはまた違った雰囲気が合って面白いが、短編ゆえか、印象は残りにくい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です