天女湯おれん これがはじまり


2013年08月20日 読了
文政十二年の江戸の大火事で、焼け出されたおれん。
おれんの養父がやっていた湯屋も、長屋も焼け、色んな人が死んだ。
すべてなくした者たちが、江戸を立て直していく様。

おれんも養父を亡くし、一人で湯屋を再建する決意をする。

天女と慕われるおれんは、火事の後に起こる諍いや騙し騙されのもめ事を、一人引き受ける。

タイトル通り、ここから始まる連作らしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天女湯おれん(これがはじまり) [ 諸田玲子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です