小鳥を愛した容疑者


2010年10月20日 読了
 銃撃を受け、捜査の最前線から離れた須藤。リハビリを兼ねて配属されたのが警視庁総務部総務課動植物管理係。容疑者のペットを保護する部署なのだが。

 動物マニアの薄巡査と共に現場へ向かい、ペットの世話をしつつ、謎を解き明かす。
 古くからある名探偵モノと同じように、ヒラメキがすべての鍵となる。ある意味動物が主役。結末は想像の通り。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小鳥を愛した容疑者 [ 大倉崇裕 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です