少女の時間


 元刑事で現在フリーのジャーナリスト。そんな柚木に月刊EYES編集部経由で持ち込まれた、2年前の未解決殺人事件の再調査だったが、調べ始めた途端、関係者が死亡するという事態になる。
情報をくれる美人刑事に、調査対象の美人親子、柚木の周りに集まる癖の強い美女たちが、柚木の苦悩を増やして回る。

 シリーズだがとりあえず一つという程度で手に取ったが、意外に面白かった。
洗濯好きの女たらしという設定の柚木が、女たちに困らせられながらもさらりと口説く様が楽しい。
女たらしというより、やたらと女に絡まれる感じの人たらしで、それでも料理がうまく、もてなしもスマートなので、これでは嫌いながらも寄ってくる女たちの気持ちも少しわかる気がした。
推理も警察とうまく役割を分担しながらきっちりと詰めていくので流れがつかみやすく、事件としても興味が持てるため最後まで手が止まらない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です