山猫


2009年05月16日 読了
 恩師だった人が殺された。
フリーのライターである主人公に依頼された窃盗事件の、初めての被害者。
 「山猫」と名乗るその窃盗犯を追っていた主人公の前に、本人が現れた!

 八雲シリーズの作者らしい文で、豪快に読める一冊。
八雲に比べると下ネタも豪快。

 でも清々しいくらいの展開で見事に終わらせてくれる。
不快な余韻を一つも残さないのは上手い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山猫 [ 神永学 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です