極北ラプソディ


2012年05月05日 読了
 「極北クレイマー」続編。
財政破綻した市民病院の立て直しのために世良先生が極北に来てからの話。
 隣町には速水がおり、速水が切望していたドクターヘリがいる。

 市民病院の大幅なリストラをしたり、救急医療に関わりたくてうずうずしている世良の部下の今中を速水の元にレンタルしたり、すべてお見通しな世良がサクサク進めていくとろこは気持ちがいい。
 そして速水はやはり掟破りな行動を起こし、また伝説を作っていく。
 世良と速水と花房師長の関係が見どころ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極北ラプソディ [ 海堂尊 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です