死夢


2010年04月25日 読了
 死夢。死が迫っていることを告げる予知夢であり、死を受け入れる境地へと導く啓示夢である。

 中学時代の友人が、猫が心臓のあたりにのしかかってくるという夢を見て次々と死んでいく。「悪夢による自殺」

 湿気の多い部屋で一人置き去りにされたような心地悪さが、とても作者らしい。流れ的に結末は読めるが、この不気味さを味わうには充分。

 しかし、まだ罪の告白が始まっていないにもかかわらず、すでに罪を犯したと断定している槇村の言動はかなり違和感があった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死夢 [ 小笠原慧 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です