永遠の終り


2019年05月18日 読了
 ハーランは厳しい訓練の末、時間管理機関「永遠」の研修生ととなった。
未来の安寧と平和のため過去を矯正する資格をもつ「永遠人」として、ハーランは過去へ飛び、小さな「矯正」を行う。その任務の中で、ハーランは美しい女性、ノイエスと出会う。

 ノイエスを愛したことで、ハーランは冷静な永遠人としての任務を超える行いをする。しかし、ハーランだけが罪を犯すわけではない。永遠人だと言っても人間であり、過去もあるということが、後半に入って物語が加速させる。
長いので細部を覚えてなくて何度も振り返ったが、疑問はちゃんと伏線として入っていて、振り返るのが楽しかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

永遠の終り (ハヤカワ文庫) [ アイザック・アシモフ ]
価格:704円(税込、送料無料) (2019/11/17時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です