百物語 浪人左門あやかし指南


2013年02月26日 読了
 人一倍怖がりの甚十郎は、百物語へ参加しろと兄弟子から言われる。
断ることもできず嫌々参加した甚十郎だが、その会で聞いた話が大きな陰謀へと変わる。

 甚十郎が巻き込まれたやっかいごとは、百物語に少しずつちりばめられた幽霊話の中でまとまっていく。
そしてそれはまた見事に左門へと繋がっていった。
最後は、ただ剣が強くて大酒飲みに見える左門の中に、かつて若者衆と共に大名家の家老と戦った姿が少しだけ見えた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

百物語 浪人左門あやかし指南 (Kodansha novels) [ 輪渡颯介 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です