皇妃エリザベート


2012年01月08日 読了
 「バイエルンの薔薇」と称され、ハプスブルク家で最も美しいといわれたエリザベート。
 シシィの物語は、いろんな人が描いている。

 歴史上の女性を美しく情熱的に描くのが得意な藤本ひとみ。
だが今回は、シシィの魅力がほとんどなかった。
 他の彼女の作品に登場する地位ある女性と区別がつかないような描き方で、シシィの名前を変えたら誰にでも当てはまりそう。
 正直なところ、がっかり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皇妃エリザベート (講談社文庫) [ 藤本ひとみ ]
価格:838円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です