空耳の森


2012年12月10日 読了
 雪山に取り残された彼女、孤島に暮らす姉弟、居酒屋での謎解き、繋がった過去の破片。
 それぞれの短編には、細かく区切られた時間の記録があって、時々は想像のままに終わる。

 一つづつ読んでいくと、いくつかの物語で過去と繋がる場面が出てくる。
児童養護施設の七海学園で働く保育士の物語と。
彼らの別の角度からの話はとてもおもしろかった。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空耳の森 (東京創元社・ミステリ・フロンティア) [ 七河迦南 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です