笑酔亭梅寿謎解噺


2010年09月09日 読了
 不良少年が担任につれてこられたところは落語の師匠のところだった。

 大酒飲みで借金だらけのその師匠に、なぜか弟子入りを許された竜二。そこで師匠や兄弟子にいじめられながらもなぜだか素直に言うことを聞き、理不尽ないい付けにも従う。
 いつの間にか気に入っていた落語の世界で、様々起こるわけのわからんことを竜二が解く。
 それは不思議と落語の中の話とリンクする。

 きつい方言もさらりと読める。やりたいほうだいの権力者と新人という、普通の設定がとてもわかりやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

笑酔亭梅寿謎解噺 [ 田中啓文 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です