長い長い殺人


2013年01月02日 読了
 ある保険金殺人につながる関係者を、それぞれの財布が語り部となり、見たことや聞いたことを語る。
 刑事、被疑者、探偵、証言者、いろんな財布たちがそれぞれの持ち主について話しているので、面白い。

 しかし、結末はどこかで聞いたことがあるような展開で、ありふれていた。
この手の話は必ず誰かの他の話に似ている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長い長い殺人 長編推理小説 (光文社文庫) [ 宮部みゆき ]
価格:649円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です