隻眼の少女


2012年09月10日 読了
 水干を着た少女。探偵見習だという彼女の初めての事件に巻き込まれた主人公の静馬。
 名の知れた探偵だったという彼女の母から「みかげ」の名を受け継ぐために。。。

 探偵が水干の格好をする意味はなく、ただのコスプレ。しかも推理はいい加減。
 最後は意表をついたつもりなのかもしれないが、2部に入った時点で想像はつく。
結末に持っていくための事件や推理ではなく、ただ全部ひっくりかえしたかっただけのような手抜き感があり、がっかりしただけ。
とても無駄な時間でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

隻眼の少女 [ 麻耶 雄嵩 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です