泥棒はボガートを夢見る―泥棒バーニイ・シリーズ


 古本屋へやってきた美しい客に一目ぼれしたバーニィ。
その美女イローナとボガートの話で意気投合し、その夜から15日連続でボガートの主演映画を見に通う。
しかし、旧友からバーニィの話を聞いたというある客が持ち込んだ仕事をうけて侵入した高級アパートで、なんとバーニィは失敗してしまう。
恋をしたバーニィが見失ったものは、恋人か仕事か。

 恋をした女性は、バーニィに仕事を依頼した人物ともかかわりがありそうだし、依頼されて盗んでくる予定だった書類はどこへ行ったのか。
依頼者が死んでしまい、犯人はわかったのにバーニィにはできることがない。
今回のバーニィは、皆を集めて犯人を追い詰めるという名探偵もやるけど、どこか締まらない役どころだった。
恋に浸り、仕事に失敗し、犯人は突き止めるが逃げられ、追い詰めることができない。
それでもなぜか不思議と情けなくない。
不思議な泥棒さん。

お初の繭


 産業もあまりなく、貧しい地域に住むお初は、12歳で生糸工場へ出稼ぎに出ることになった。
各地からやってくる少女たちが集められたのは、淋しい土地ながら特別な糸を吐く繭が育つ場所で、そこで集団生活をしながら仕事が始まるのを待っていた。
ところが、毎日腹いっぱい食べ、日に三度も風呂へ入るという清潔で快適な日々を過ごしているうちに、だんだんと焦ってきたお初。
皆が飲んでいる薬にアレルギー反応がでたことで一人隔離の生活になってしまい、工場の異様な雰囲気を客観的に感じることができたのだった。

 ホラー。
割と早いうちから不気味な雰囲気は出ていて、少女たち以外の登場人物の名前も不気味。
そして予想もできるが、どうしても目が離せない。
深みへはまるお初。
出てくる糸や街の名前が、怪しいが滑稽なため、ひたすら気味が悪いだけではなかったせいで読みやすい。
だが不吉な予想はどれも必ず当たり、恐ろしい余韻を残す。

こぼれ桜 摺師安次郎人情暦


 摺師の安次郎は、亡き女房の実家へ預けていた息子の信太を引き取り、神田明神下の長屋に父子二人で暮らしていた。
その仕事ぶりは評価され、愛想はないが信用は得ていた。
ある日、弟弟子の直助が慌てて持ち込んだ情報は、友の彫師の伊之助が好色本を作ったという罪でお縄になったというものだった。
しかも、見るからに下手なものであるにもかかわらず、伊之助は自分が作ったと認めているという。

 元は武家育ちだった安二郎が摺師になった経緯は少しずつ明かされるが、それによる身内との確執が最後まで底で流れていて、安二郎の摺師としての仕事の様子と並行して書かれている。
大きな軸の一つと言っていいが、そちらは暗いばかりでつまらなく、摺師としての仕事の方が断然面白かった。
登場人物も皆個性豊かで混乱することもなくすんなり入り込め、摺師と版元、絵師や彫師との関係も興味が沸いた。

用心棒


 ストリップクラブの凄腕用心棒のジョー・ブロディーは、ある日一斉検挙に巻き込まれて逮捕されてしまう。
そこで再会した中国製マフィアの知り合いから、仕事を持ち掛けられる。
輸送中のあるものを強奪しないかというその誘いは、悪くないように思われた。
しかしいくつもの情報の漏洩やすれ違いでその仕事は失敗に終わり、ジョーは逃げながらもこうなってしまった元凶をおぶり出そうとする。

 ハードボイルドに分類される要素がたっぷり詰まっていて、スリルもあるけど人気者のジョーの行動が楽しくて読みやすかった。
彼の言動に惹かれるのがまずFBIの女性捜査官という立場の人であることも、興味をそそる。
アメリカの習慣が分からず理解できないところもあったが全く問題はなく、銃を撃つ場面もかなりあるがハラハラするというよりはしっかり見ておきたいというような気持になる。
退屈せずにあっという間に読めた。

おもちゃ絵芳藤


 師匠の歌川国芳が死んだ。
弟子の芳藤は、他の弟子たちと協力して葬式を済ませた後も画塾を続けていたが、芳藤は己の力量に華がないと自覚していた。
名をあげるほどの作品を出せず、駆け出しの若い絵師がするような玩具絵の仕事を受け続ける芳藤。
時代も移り、町は西洋の物にあふれる中、芳藤は様々な葛藤を抱え、塾や自分の仕事に悩み続ける。

 偉大な師匠の元で学び、力はあるもののパッとしない芳藤。
だがそれでも絵を描き続け、切り刻まれたり折られたりしていずれは紙くずとなる玩具絵にも丁寧である芳藤の心の内が細かく描かれている。
力があってもどんな人間でも、それぞれに抱える物をじっくりと読ませるわりに読みやすい。
飽きることなくどんどん進む。

テラ・アルタの憎悪


 何度も補導され、刑務所へ入っていたメルチョールは、獄中でユゴーの『レ・ミゼラブル』と出会い、警察官になることを誓う。
そして移動になったカタルーニャ州郊外の町テラ・アルタで、富豪夫妻殺人事件の捜査を手掛ける。
老夫婦はひどい拷問を受けていたことから、夫妻の事業と家族にかかわりがあると見た。

 メルチョールが妻と出会った頃の幸せな時期の話がところどころに挟まれていて、メルチョールの人柄がそこで厚みを増している。
事件のひどさと田舎の閉そく感、被害者の傲慢さなど、いろんな要素が次々と盛り込まれて行って、捜査が進んでいる気がしないままメルチョールと共に無力感を感じながらも飽きることはなく、最後まで気が抜けない面白さだった。

シャーロック・ホームズの凱旋


 あの名探偵ホームズが、スランプに陥った。
悩み続けた挙句に引退宣言までするホームズを、ワトソンはどうにか立ち直らせようとするが、それには12年前にホームズが解決できなかった事件が関わっているらしいことが分かる。
さらに妻のメアリ―がホームズのライバルであるアイリーン・アドラーの事件簿を小説にして発表し始めた。
妻の裏切りに少しも気づかなかったワトソン。
やがて12年前の事件をもう一度調査しようと問題の館へ向かう。

 舞台は京都!
ホームズやモリアーティもいるのに地名は京都というおかしな設定だが、なぜか違和感なく読み進められた。
さらに途中でロンドンへと移る。
メアリが亡くなっていたりワトソンが貧相な下宿に住んでいたりといろいろ設定が異なり、さすがに混乱したが、やがて理由は明かされる。
おかしな世界がいくつも入り混じった、不思議満載の物語だった。
それでも不思議と読みやすい。

円朝の女


 三遊亭円朝と深い関係にあった女たち5人を、弟子の五厘が語る。
江戸から明治に変わる頃、身分違いの恋や全盛を支えた女、養子として育て、円朝の最後を看取った女など、円朝自体ではなく、彼の周りを彩った女たち。
長く一緒にいた弟子だからこそ知っている事を、高座で語りかける口調で紹介していく。

 円朝本人の話ならたくさんあったけど、彼の周りの人間だけを語る話は珍しい。
しかもそれがどれも女とくれば、興味は大きくそそられる。
傍から見た円朝の様子は年と共に印象も変わり、それもまた観察できて面白かった。

あの魔女を殺せ


 グロテスクだけどなぜか惹きつけられるという生人形をつくるという三姉妹。
その新作のお披露目に招かれたフリーライター・麻生真哉は、愛娘と共に群馬の山中にある館に向かう。
ところが発表の夜、姉妹の長女が部屋で丸焦げになって発見される。そばには同じように焼かれた人形が落ちており、部屋は密室となっていた。
孤立状態のまま、参加者たちは館を捜索するが、姉妹は次々と殺されてしまう。
魔術を受け継ぐ一族の、おぞましい欲望から生まれた悲劇。

 愛する妻を失ってから、娘と共に倹しく生きてきた麻生。
しかし仕事のため、怪しい噂のある姉妹に近づいたことで起こる悲劇が、想像を絶する。
三姉妹の事件だけではない件も含め、ゾッとする場面が多くて恐ろしかった。
ただの殺人事件で終わらない怖さが残る。

書架の探偵


 図書館の書架に住むE・A・スミス。
彼は、推理作家E・A・スミスの複生体(リクローン)であり、生前のスミスの脳をスキャンし、その記憶や感情を備えて、図書館に収蔵されている。
その彼を貸し出したのは、コレットという女性。
亡くなった父が残した本に、隠された秘密があるので解明してほしいというのだ。その本は、本物のスミスが書いた推理小説だった。

 貸し出されたスミスは、コレットと共に調査を始める。
しかしすぐに謎の男たちに襲われたり、逃げた先でもコレットが行方不明になったりと困難は続く。
クローンが図書館で貸し出されていることや、コレットを探している最中で出会う夫婦が個性的だったり、自動運転の空飛ぶ車があったりと、おもしろい設定がいっぱいでとても楽しかった。
正体不明の追っ手から逃げながらスミスは次第に真実を探り当てていくが、思いもよらない出来事が積み重なって少しも予想ができなかった。