てんげんつう


2019年08月31日 読了
 若だんなの許嫁、於りんの一家が、店を閉めてみんないなくなっている。
そんな知らせを受け、若だんなは寝床から動けない自分を情けなく思いつつ、獏久の力を借りて悪夢へもぐりこむ。

 若だんなのところにやって来る妖達は、人とは理が違うために、いろんな無理を言ってくる。それに巻き込まれるのは相変わらずだが、いつもは寝付いていても考えが冴える若だんななのに、今回はほとんど知恵が出てこなかった気がする。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

てんげんつう [ 畠中 恵 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/11/17時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です