まほろ駅前多田便利軒


2009年09月06日 読了
 東京の片隅にある便利屋。そこの主である多田のところに迷い込んだ高校の頃の同級生・行天。
 一生懸命今を幸せだと思いこませようとしているような主人公と、本当に迷い猫のような行天の生活。

 カーテンごしに家族と話をしているような感覚で、どこか現実でないような雰囲気をもったお話。

 楽に読める。思いのほか爽やかな読後感が残り、疲れたなぁと思った夜に手にとったらよく眠れそうだと思った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まほろ駅前多田便利軒 [ 三浦 しをん ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です