イノセント・ゲリラの祝祭


2010年05月20日 読了
 AI導入に、賛成か反対か。
それぞれの立場と権力による利益を守るため、自分たちのいいような世界を作ろうとする。
 そんな者たちを手玉にとり、なだめすかし、追い詰めていく。

 ミステリーでも病院が舞台でもない。
田口・白鳥シリーズのエア・ポケットといった感じのストーリー。

 この人の作品には、次までの「つなぎ」となるような布石めいた本がたまにある。
 これらによって下準備と根回しが行われ、やがて大きな波が来る。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イノセント・ゲリラの祝祭 [ 海堂尊 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です