キンモクセイ


2019年09月04日 読了
 法務官僚の神谷が、“キンモクセイ”という謎の言葉を残して殺された。
警察庁警備局の隼瀬たちは、直ちに24時間体制の専任チームを作ることになった。
しかし、次の日には、警視庁は捜査本部を縮小、公安部も手を引いた。
おかしな事態に隼瀬は、独自に調べを進めることにする。

 公務員だがエリートたちの、政治的な駆け引きが行われる事件。
調査を進める隼瀬には、やがて上からの手が回り、身の危険が襲ってくるという、政治的だけど現実的な危機。
政治の話に興味はもてなかったけど、スリルは大きい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キンモクセイ [ 今野 敏 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/17時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です