クローバー・レイン


2012年07月07日 読了
 大手の出版社に勤める彰彦は、もうほとんど過去の作家となった人の新作を、偶然読んだ。
それから、NOとしか言わない編集長や会社を説き伏せにかかる。
 本を作ることの大変さと、本に対する愛情を描いた本。

 以前の、書店員の話はイマイチだったが、これは面白かった。
この人が書くものはやっぱり、本の話である。

 落ち目の作家が書いた小説は、乾いたシロツメクサの上に降る、雨。
誰かに届き、心を潤す雨となる。まさにそんな本となった。
 雨の季節に読むには最適だった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クローバー・レイン [ 大崎梢 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です