ジェノサイド


2012年04月19日 読了
 急死した父から送られてきたメール。
誰にも見つからないように残された父からのメッセージに、落ちるように巻き込まれていく息子の研人。

 話題作だけれど、似たような話を以前読んだと思いながら前半は進む。
 人類の次の進化はどんなものだろう。
興味を引く設定で、死線を潜り抜ける大がかりなアクションは映画のよう。
 だけど終わってみるといくつもの疑問が湧き出てきた。
無理もかなりある。
 そういえばこの人は、「グレイヴディッガー」も「13階段」も、おもしろいけどちょっと足りない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェノサイド [ 高野 和明 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です