タロットの迷宮


2009年10月18日 読了
 警察官・利津が、PCの中で生きる人口知能キシモトと共にミッションに挑む。
 僻地にある精神病棟内で起こった事件を調べていくが、次々と事情を知ると思われる人が死に、タロットカードが残される。

 舞台は日本なのに、なぜか海外のようであり、近未来の架空の街のようである。

 前作があったのは知らなかった。読んでいないので余計気になる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タロットの迷宮 [ 小笠原 慧 ]
価格:2042円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です