ナイルの暗号


2010年05月01日 読了
 エジプト考古学者で30年来の友人が、謎のメールを残して失踪。やがて無残な姿で発見される。

 歴史的発見をした友人と、それを狙う盗掘団。友人の仇を討つと決心した主人公。

 著者が考古学者であり、様々な発掘を手がけている。初のミステリー作品だというが、事件にいたるまでのエジプトのウンチクがやたら多くてうんざりする。その辺りの説明はごっそりいらない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイルの暗号 [ 吉村作治 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です