マドンナ・ヴェルデ


2010年11月26日 読了
 「ジーン・ワルツ」の側面。
あちらで主人公だった産婦人科医・理恵の母親を主人公とした話。
同じように重く、暗い読後感が残る。
 その雰囲気を唯一削るのが、若い妊婦のユミ。

 代理母の問題はこれからもっと大きくなるだろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マドンナ・ヴェルデ [ 海堂尊 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です