仏果を得ず


2009年09月14日 読了
 人形浄瑠璃の世界。文楽に賭ける若手大夫の情熱と恋と人間関係。

 文楽?仏果?聞いたことあるけどなんだっけ。
といった程度だったけれど、読んでいるうちにしっかり取りこまれてしまった。
 どちらかというと主人公より周りの人たちのほうが魅力がある。だから誰からも目が離せない。

 「長生きしたい」と思えるほどのめり込める世界があるのはとてもうらやましい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仏果を得ず [ 三浦しをん ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です