任侠学園


2009年11月03日 読了
 所帯は小さいが、顔の広いオヤジがいるヤクザ。
 そのヤクザが学校の運営をする羽目になった。

 問題を探し、一つ一つ解決していく。
ありがちなテーマだし簡単にコトは進むけど、その何事もするりとかわすような語り口が面白くて止まらない。

 あっという間に読み終えられる。本のボリュームの割には気楽に手に取れる内容。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

任侠学園 [ 今野敏 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です