北斗 ある殺人者の回心


2013年02月15日 読了
 両親に虐待され、抱きしめられることもないまま育った北斗が、初めて人を信じた。
しかし、その人は死んでしまった。里親となってくれていたその人が詐欺にあっていたと知り、北斗は復習を決意する。
 里親の母が死んだ時、北斗の心も死んだ。

 珍しい、石田衣良の長編。
ブルータワーが面白かったので期待した。虐待されて成長し、里親のところに行くまでの話が想像以上に辛かったが、長編のわりにずっと浅いところをもぐっているような感じで、うんざりするところも多かった。
 でも北斗の思いは沁みるようにずっと残る。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北斗 ある殺人者の回心 [ 石田衣良 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です