向う端にすわった男


2013年06月09日 読了
 いつものバーで飲んでいた<俺>。
偶然居合わせた男のいざこざを聞いてしまい、結婚詐欺にまつわる依頼を受けてしまう。

 その他いくつかの短編集となっていて、今までよりもしっかりした話になっていた。
ハードボイルドらしい闇もあり、とにかく暴力を入れようという部分がなくなったからか、流れも良くて読みやすかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫) [ 東直己 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です