晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>


2009年09月30日 読了
 前作「配達あかずきん」は短編だったけれど、今回は信州に出張し、しかも長編。

 前作から何となく気になってはいたのだけど、ちょっとした謎を気にかけ、謎解きを始めようと思うきっかけが薄い。なぜそこで気持ちがそう動くのかという動機がいまいち。そこがなければ探偵も始まらないのだから。
 それでも本屋の魅力は充分にあり、長編の意味もあった。

 中だるみな点もあったし、後半の思わせぶりは不愉快ではあったが、登場人物が魅力的。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です