HEARTBLUE


2009年10月02日 読了
 前作「HEARTBEAT」の登場人物で綴られた、NYでの物語。

 前作でとても印象的だった脇役たちにまた出会えて、それだけでなんだか嬉しかった。
 事件はまさに彼らの中心で起こり、また二つのストーリーが見事に繋がる。

 そしてやっぱり「人ではないもの」の登場となるのだが、今度は前よりすんなりとなじめ、強い意志が残る。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Heartblue (東京創元社・ミステリ・フロンティア) [ 小路幸也 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です