東京バビロン


2013年08月04日 読了
 自他ともに認めるトップスターモデルの福山音菜。
どんなに傲慢で自己中心的な態度でも許されていた音菜だが、少しづつ後輩にその座を奪われようとしていた。

 トップの自信とプライドが、世代交代を受け入れられず、いつしか鬼のように変わる。精神を病み、それでも復讐だけは忘れない音菜の転落。

 読みやすいけど、わかりやすい展開で古い少女漫画のよう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京バビロン [ 新堂冬樹 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です