殺人の四重奏


2009年09月01日 読了
 革命期フランス、作者のもっとも得意とする分野。

 宮廷内、微笑みと耳触りの良い会話に隠された思惑を読み取れない者は利用されていく。

 市井であってもそれは同じ。薪をふんだんに使える生活がしたい、ドレスをまとい、柔らかなベットで眠る生活を。。。
 
 そして今に生まれついた運命を変えたいと望む。

 短編であるため、各物語はあっというまにすぎてゆく。でも毎日はたぶんそんなもので。それでもフランス王妃マリー・アントワネットが脇役で登場する物語は、印象深い。

 信念を見つけ出すために費やすエネルギーは、静かに疼く種火のようなものかもしれない。潜む力が香り立つような目をした男の魅力が描かれていて素敵だった。

 でもやっぱり長編が読みたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺人の四重奏 クラシックミステリー [ 藤本ひとみ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です