瓦礫の矜持


2011年09月20日 読了
 警察に少なからず遺恨のある者達が、様々な方法で国家権力に挑む。

 正面から腐敗を正そうとするもの、影からメンツをつぶそうとするもの、ただ金をもぎ取ろうとするもの。

 たくさんの人間の思いが描かれるが、上手く絡めたところで失速した。
結末だけが少しも残らない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

瓦礫の矜持 [ 五條瑛 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です