百万の手


2009年05月05日 読了
 作者初の現代小説。「しゃばけ」シリーズが面白かったので読んでみました。
なかなかに現実離れしていて、その辺は妖怪モノと通じるところがあるけれど、こんな事件は現実にありそう。少し重いテーマだった。
 きっかけになる登場人物の中途半端な扱いにちょっと困惑した。
 
 それでも全体を通して読みやすい文章で、一息に読み進められた。なかには酷評してる人もいるけど、私は充分満足できました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

百万の手 (東京創元社・ミステリ・フロンティア) [ 畠中恵 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/11/6時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です