踊る陰陽師―山科卿醒笑譚


2012年05月12日 読了
 室町末期。貧乏公家の山科言継と家来の大沢掃部助が、悩める人たちの相談にのる。
だけどどうも頼りにならないまま、のらりくらりと決断を延ばす。

 この人たちに関わりを持ったために、返ってめんどくさいことになってしまうが、そのバタバタでいつの間にか事がおさまっていたりする。公家と武家と百姓たちが、のんびりと悩む様子がおかしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

踊る陰陽師 山科卿醒笑譚 [ 岩井三四二 ]
価格:1623円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です