BG、あるいは死せるカイニス


2011年07月22日 読了
 不思議な世界観がさも当然というように始まり、やがてごくありふれた事件が起こる。

 人は誰しも生まれた時は女であり、やがてその一部が男へと転換する世界。
 
 おかしなタイトルだと思って手に取っただけ。
だけど読みだすと止まらない。
性転換する生き物は、母であり父になる。

 久しぶりにじっくり入り込めた。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です