GOSICK VI ─ゴシック・仮面舞踏会の夜─


2013年09月01日 読了
 <ベルゼブブの頭蓋>からやっとのことで抜け出し、帰りの列車に乗り込んだヴィクトリカと一弥。
そこで居合わせた乗客たちの不審な言動。

 二人が学園に帰るまでの事件。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です