ルームメイトと謎解きを


 全寮制男子校である霧森学院の旧寮「あすなろ館」。
昨年起きた“ある事件”のせいでほとんどの生徒が新寮に移ってしまい、今はたった6人の生徒しか入居していない。
入居者の一人、兎川雛太の部屋に同居人としてやってきた転校生は、人に興味がなさそうな冷めた鷹宮絵愛だった。
ある日、学校の生徒会長の湖城龍一郎が何者かに殺害され、現場の状況から犯行が可能なのは「あすなろ館」の住人だけという状況になってしまう。
ヒナ(雛太)とエチカは、自分たちの容疑を晴らすため、独自に調査を始める。

学園探偵もので、去年の事件からのつながりがありそうだということで連作かと思ってしまったが違うようだ。
元気で行動的なヒナと、冷静な観察が得意なエチカが推理を進める。
ところどころで、決定事項のように語られることに疑問が沸いたりとおかしな点もあったが、思いもかけない動機が浮かんできて結構楽しめた。

死神と天使の円舞曲(ワルツ) 「死神」シリーズ


 黒猫のクロは、自殺しようとする料理人に出会い、体を張って助けるが、その男の心は闇でいっぱいだった。
一方、ゴールデンレトリバーのレオもまた、新たな「未練」を解決しようと動き出すが、二人が助けようとする人たちには、ある共通点があった。
それらの謎を解いていくと、すべては一つの家族に行き当たる。

人が死んだ後の魂を導く「死神」とう仕事をする二人は、犬と猫となって人の世界へ落されていたというシリーズ。
前作があるのを知らずに読んだが、きちんと説明が入るので困ることはなかった。
童話のような設定のためどんなに惨い場面でもどこかふわふわとした雰囲気があり、読みやすいが都合も良い。

走馬灯交差点


 ロクデナシの父親から急に呼び出されて行った先には、見ず知らずの女性の死体があった。
なぜか通報もせず死体を捨てに行くことになってしまった朝陽。
 殺人事件を捜査中の刑事が、橋から突き落とされて死んでしまう。
いくつかの殺人が入り乱れる、まさに交差点。

 関係する人たちが順に入れ替わり、それぞれまた殺人を犯す。
もはや誰が誰で、中身が誰の時に誰を殺したのか混乱しながら読むしかない。
独り言が多くてそれも混乱をさらに大きくしていくため、一層複雑になっていき、解決するのか不安になってくる。
それでも一応は説明がされるが、その頃にはもうすっかり訳が分からなくなっていた。

スナック墓場


 妹はいくつかの指がないけれど、それを少しも恨むことはなく、いつも朗らかに笑っている。
きれいにすることが楽しい職人気質の夫婦のクリーニング店にやってくる女は、なぜか下着も持ち込んでくる。
工場のラインで働く、二人の女性。
どれも女性が日々の中でふと感じる事が、静かに語られた短編集。

 特に事件が起こるわけでもない、静かな毎日を切り取った小編なので、いつ終わっても良いし続いても良いような話ばかり。
印象に残るようないい話でもない。
ただ、時々起こる発作で商店街をめぐるオジサンを、皆が順番にバトンのように話を繫げて無事に家まで戻す話だけは面白かった。

深夜の博覧会 (昭和12年の探偵小説)


 昭和12年、銀座で似顔絵を描きながら漫画家になる夢を追いかける那珂一兵。
彼のところへ、帝国新報の女性記者・瑠璃子が開催中の名古屋汎太平洋平和博覧会の取材に同行して挿絵を描いてほしいと訪ねてきた。
名古屋へ向かった二人だが、銀座で名古屋にいた女性の切断された足が見つかったというニュースが入り、それが一兵が好意を寄せている少女の姉だとわかる。
一兵は、似顔絵描きで培った観察眼で事件を推理する。

 どうやら続き物だったようで、ところどころ一兵がこれまで手掛けた推理の話が出てくるが、今回の事件については全く問題なく読めた。
男女それぞれの嫉妬が起こした事件でもあって、彼らの性質が事件の起こし方に大きく関係していて恐ろしかった。
殺された杏への残酷さも辛いが、彼女のために一生をかけた犯人の執念も恐ろしい。
しかし生きている者に対する願いもあって、ただ憎むだけでは終わらないため、最後は一兵の切ない思いだけが残った。

雨の日は、一回休み


 人事から、セクハラ被害の訴えが出ていると告げられた課長。40を過ぎたオジサンだが、ジムでマメに運動しているので見た目はそこまでみっともなくないはずだ。
なのに誰が訴えてきたのか。次の日から部下を観察する日々。
 妻は気づいていないはずと侮って浮気をしていたために離婚された男が、10年ぶりに娘に会ったのが病院だった。
40代で派遣社員の男が、憂さ晴らしにつくった女子高生を騙ったSNS。
 オジサンたちが、変わってしまった時代への嘆きをこぼし、女性たちは困ったオジサンたちの様子に苦笑いをする。
そんなお話。

 自分の感覚が信じられなくなるほど変わってしまって、もうどうしていいかわからなくなったオジサンたちと、こんなオジサンに困っていますという女性たちの、すれ違う思いがコミカルに描かれている。
ちょっと愚痴が多いため、全体的に僻みっぽくて雰囲気は軽いとは言えないが、オジサンも女性たちも実感する部分はありそう。

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿


 娯楽系ウェブマガジン『アウターQ』編集部。
そこで新人ライター湾沢陸男は、子供の頃によく遊んでいた公園で不思議に思っていたことを調査しようと企画する。
公園の遊具の隅に書かれた不気味な言葉。それを紐解いていこうというのだ。
しかし大人になって知恵を絞ってたどり着いたのは、思いもよらぬ真実だった。
 さらに、湾沢が数年前に遭遇した花火大会での事故にもつながり、知らないうちに誰かを傷つけ、死ぬ間際まで追い詰めていたことを知る。

 気楽なウェブマガジンの、ちょっと不思議な身近な出来事を追求するはずが、人の人生を変えてしまう事件にたどり着いた。
そんな繋がりがあったのかと素直に驚いたが、それがどんなに気軽にやったことであっても、怖いほどの憎しみを受けたりもすると思うと、簡単に何かを発表するのをためらってしまう。

いつまで【しゃばけシリーズ第22弾】


 若旦那が行方不明になった。
まずは噺家の場久、次は火幻医師が消え、それを助けようと若旦那も影へ行ってしまう。
そして長崎屋は経営が傾き、許嫁の於りんとも縁が着れようとしていた。
なぜか5年後へ飛ばされた若旦那は、すべては西から来た妖・以津真天の仕業だと気づき、5年前に戻るか、またはここで生きていくか、選択を迫られる。

 とうとう時空まで超えてしまう若旦那。
いつもの面目は周りにいるが、どうも妖の話というよりSFになってしまい、今までのようにいくつかの章に分かれてもいないでまるまる一冊がこの話だった。
進まない話にしんどくなってくる。

誰に似たのか 筆墨問屋白井屋の人々


 白井屋の、三代にわたる人たちのそれぞれの立場から見た胸中を、一人ずつ描いた短編集。
商才はあったけど女にだらしなかった店の前主人が死に、隠してあった妾の存在が明らかになったり、跡取り息子の頼りなさに頭を悩ませる当代主人。
親の反対を押し切って惚れた相手と一緒になった者の、すぐに死なれて今は貧乏暮らしをしている妹と、その娘。
手習いで嫌みを言われてずる休みをしようとした跡取り。
周りの思惑はどうあれ、自分の気持ちをただ大事にしたいと奮闘する白井屋の者たちの、頭の痛い日々を綴る。

 それぞれの立場で見た白井屋のことが語られていくが、たいてい不満で埋まる。
一つの家族の内情がよくわかりはするが、誰もがなにかしらの屈託を抱えて生きているんだと気づかされる。
でも不満ばかりで読んでいる方はあんまりいい気分ではなかった。

怖い患者


 区役所に勤務する愛子は、同僚女子の陰口を聞いたことがきっかけで、たびたび「発作」を起こすようになり、クリニックを受信すると「パニック障害」と言われた。
この恐怖がただのパニックのはずがないと、愛子はドクターショッピングを始めてしまう。
 介護施設を併設する高齢者向けのクリニックでは、利用者の人間関係が次第に悪くなり、雰囲気がピリピリし始めるが、施設長は平等に接しようとするあまり、解決させないまま放っておくことになっていた。
 など、クリニックの周りで起こる人々の思いを濃縮して毒に変えたような不気味さが漂う短編集。

 怖いのは患者だが、医者だって他の科にかかば患者に変わる。
うっすらと張った毒の膜を一つ一つめくって奥へ進んでいくようなうすら寒い怖さがあった。