バチカン奇跡調査官


2011年06月01日 読了
 世界最小の独立国・バチカン。
そこには、日々世界中から持ち込まれる「奇跡」の申告を調査し、認めるかどうかを判断する機関があった。

 ある日「処女妊娠」の申告を受け、調査に向かった平賀とロベルト。そこで見た総て。。。

 少々ラノベの空気が漂うが、いろんな要素が加わってだんだん面白くなってくる。
 二人がスカッと名探偵を演じる部分はなかったが、静かに頼もしい上司が万事治めてくれるという感じ。
 その分ちょっと物足りなかったけれど、満足感はそれなりにあった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 [ 藤木稟 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/11/9時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です