七つの海を照らす星


2010年11月21日 読了
 第18回鮎川哲也賞受賞作。
児童養護施設「七海学園」で働く主人公・北沢春菜が、日常に起こる不思議を解き明かすミステリ。

 実際は春菜ではなくて児童相談所の海王が解いていくのだが、謎はもちろん学園の児童がらみ。子供たちの心が暖かい。
 言葉では伝えられなくても、大人と同じように感じている彼らは、どんな行動をおこすのか。

 途中腑に落ちない話もあったけど、最後は妖精のような友人が惹き立って終わる。
 好き嫌いが分かれるかもしれない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七つの海を照らす星 [ 七河迦南 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/8時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です