文学刑事サーズデイ・ネクスト〈1〉


2010年05月23日 読了
 特別捜査機関(スペックオプス)に所属する「文学刑事」のサーズデイ・ネクスト。文学作品の中に侵入できる特殊装置「文の門」を使って何事かを企む者たちを、物語の中に入って阻止しようとする。
 もちろん協力者は小説の登場人物で、彼女らの行いによってお話が変わってしまうことだってありうる。

 物語に入ることができる!登場人物と話が出来る!そして仲良くもなれる!

 こんな素敵なことはない。小さいころからどれだけ夢みただろう。 『不思議の国のアリス』?『ハリー・ポッター』?
そんな世界が広がる。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です