牛姫の嫁入り


2016年07月02日 読了
 忍者の派遣をしている三日月村の忍者・コウ。
どんくさい相方の守市と共に任務に就く。
それは、十万石の大名である藤代家の娘・重姫を誘拐してくることだった。

 「誘拐見合い」という風習を使い、女好きのバカ息子に嫁をとろうと企む旗本・加納光政。
コウは予定通り藤代家に忍び込むが、絶世の美女と謳われていた姫が実は牛のように太っていたことを知り、途方にくれる。

 見た目は牛のようだが、世間を知らぬ心はピュアなまま固まり、食べる意味も知らずただ出されたものをひたすら食べる姫を変えていくコウ。
あちこちの面倒が最後はすべていいところに収まるので気持ちよく終われる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

牛姫の嫁入り (角川文庫) [ 大山 淳子 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2019/11/16時点)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です